未分類

彼女と別れて一週間連絡したい『連絡して復縁する3つのコツ』

彼女と別れて一週間経ち、連絡したい、できたら復縁したいと思うことはありますよね。

連絡してもいいのか?
また一週間という短い期間で復縁にまで至るのか?

世に言う冷却期間というのは必要なのか?についてお話ししていこうと思います。


別れて一週間後、相手はどう思っているのでしょうか?
連絡したいけど、別れた手前連絡しにくい。
そう思い、行動に移せないでいる男性に向けて、今回は女性側の本音を綴っていこうと思います。

別れて一週間後、連絡してもいい?

結論からお伝えしますと、別れて一週間後連絡したいと思ったら、連絡して大丈夫です。
ただ、別れかたにもよると思います。

正直これは、別れた彼女側も未練があるかによって大きく違ってくると思います。
もし彼女側に未練がある場合、素直に連絡くれて嬉しいと思うはずです。


どちらから別れを告げたのか?別れた原因によっても大きく違ってきます。

「下手に連絡して未練たらしいなんて思われるなんてかっこ悪い」少なからず男性はそう思ってしまうかもしれません。
彼女側は未練を持ってくれるほど、愛されていたんだと思うことは嬉しいはずです。
恥じることでは決してありません。

別れて一週間、彼女の本音

別れて一週間後、単純に寂しいと感じているはずです。

できることならもう一度彼と話したいと思う女性は少なくはないでしょう。

一週間後に連絡をもらえたら冷静に話せると思います。


もし彼から別れを切り出されて別れた場合、彼女側は未練が残っている可能性が高いです。

素直に彼からの連絡も嬉しいし、会いたいと思ってくれるでしょう。

落ち着いて話せるのであれば、一度食事に誘ってみるのもアリかもしれません。

別れて一週間連絡してもいい?冷却期間は必要か?

女性側に未練がある場合全くと言って冷却期間は必要ないです。


むしろ早くやり直したい、彼と連絡を取りたいと思っているはず。

別れて一週間後、お互いに冷静に話せるようになっているかと思います。

一週間後に連絡をするのはいいタイミングです。

逆に別れて3日後だとまだ、怒りや悲しみもセットの感情になっている場合があるので、一週間後がいいのではないかと思います。

一週間もすれば、だいぶ気持ちの整理はできてきているはず。

むしろ未練があれば、彼女側から連絡が来てもおかしくありません。

ポイント

冷却期間というのは、落ち着いて話せるまで関係を置く期間。

少し距離を置く期間と言ってもいいでしょう。

一般的に冷却期間は3か月〜1年がいいと言われています。

別れて一週間連絡して復縁はありうる?

彼女側に未練がある場合一週間での復縁は十分ありえます!

男性側は少し時間を空けて自由を謳歌してからもう一度付き合いたいと思うでしょうが、女性とは大変器用な生き物です。

それと同時に非常に寂しがりやでもあります。

別れて一週間後、寂しさのあまり、あまり好きではないけれど、言い寄られて他の男性と付き合ってしまう女性もいます。


一週間後は逆に他の男性が入り込んで来やすい時期でもあるかと思います。

早い段階で連絡を入れておくのも手です。

まだ復縁の可能性はあるかもしれないと女性側に釘を刺しておくのもいいかと思います。

あとは二人の気持ち次第ではないでしょうか。

別れて一週間の具体的な復縁方法

ポイント

①素直に話す

②誠意を見せる

③強がらない

素直に話す

自分の気持ちは素直に話しましょう。無駄な駆け引きは意味がありません。

付き合っていろんな一面を見せ合ってきたことだと思います。

付き合い始めはちょっとの駆け引きも楽しいものです。

別れて一週間後、いろんな不信感もあるかと思います。

この時期に駆け引きは逆効果。

無駄に駆け引きなどせず、連絡して素直に気持ちを伝えましょう。

好きなら好きという、もう一度やり直したいという、ただそれだけです。

それなのにそんな言葉って実は重たくってなかなか口から出てこない、そういうものでもあります。

けれど、好きってストレートに言われること、やり直そう、また一緒にいようと言われることそのまっすぐな気持ちが嬉しいんです。

まっすぐに伝えてくれる裏表のない感情こそが彼女の心に一番響くはずです。

誠意を見せる

別れて一週間ほど経ったら、連絡して、食事に誘ってみましょう。

普通のお店で十分だと思います。

付き合っている時によく行ったお店や彼女の好きなお店、好きな食べ物があるお店がいいでしょう。

二人の思い出もあるお店、デート風景を思い出したりもすることでしょう。

そのおかげで気持ちが戻ったり、付き合いたて初期の思いを巡らせるものです。


強がらない

やはりこれが一番効きます。強がらないで素直に気持ちを伝えることです。

別れて一週間、どうしても意固地になってしまっているものです。

素直に連絡していいですし、無駄に強がらないことです。

恋愛は勝ち負けではありません。お互いの弱さを受け入れるものです。

強がらず、かっこ悪くてもいい。

それでも自分の気持ちを素直に話してくれる、そんな男性に惹かれるものです。

強がらないで、「ごめん」と「好き」を素直に伝えましょう。

何も「上手にとか、男らしく」とか考える必要はありません。

そのまんまを見せましょう。

まとめ

別れて一週間、連絡していいか?迷われたら、迷わず一度連絡してください。

別れて一週間というちょっと短い冷却期間ではありますが、元彼が自分のことを思ってプライドを捨て連絡してくれるのは嬉しいものです。


彼女側に「まだやり直したい」という意思があればわりと簡単に復縁できるものかと思います。

何よりも大事なのは、意固地にならず、素直になることです。

ポイント

①素直に話す

②誠意を見せる

③強がらない


素直に気持ちを伝える、素直に謝るそれが一番大事なのはないでしょうか。

もし、そこまでやっても復縁できないとしても、別れっぱなしの関係よりは一歩進んだ関係になれるはず。

あまり連絡しすぎもダメですが、彼女の様子を見つつ、連絡してみてはいかがでしょうか?

いい結果になることを願っております。

  • この記事を書いた人

TOCO SUDO

-未分類

無料相談|最大5,000円OFF!
電話占いヴェルニ|恋愛・復縁・仕事・相性、当たる電話占い
詳細はこちら
電話占いヴェルニ|恋愛・復縁・仕事・相性
詳細はこちら