占い・スピリチュアル

マインドフルネス瞑想って?詳細と瞑想の方法を解説します!

最近耳にすることが多くなったマインドフルネス瞑想という言葉。

  • 聞いたことはあるけど具体的にはわからないな…
  • なんか難しそう…

そういった考えの方は多いのではないのでしょうか?

でも大丈夫です!マインドフルネス瞑想って案外簡単で、ものすごくリラックス効果を得ることができます。

私自身もマインドフルネス瞑想実際に体験してみたことがあり、思った以上の効果に驚いた一人です!現在、時間を見つけては、瞑想に取り組むまでになりました。

そこで、この記事では、

マインドフルネス瞑想とは何か、どんな効果があるのか解説したいと思います!

この記事を読んでいただくと、マインドフルネス瞑想について知識が増え、とても気軽に取り組んでいただける内容になっています

どうぞ最後までお付き合いください。

そもそもマインドフルネス瞑想って何?

マインドフルネス瞑想とは、脳と心を落ち着けて、「今現在という瞬間に意識を向けること」です。

言葉の由来は、仏教の『念』を指す言葉を英訳した、『mindfulness』です。「心に留めること」「注意深くなること」と訳されます。

マインドフルネスというのは、注意深くなっていることに加えて、心が穏かな状態で集中力が持続している状態です。

この状態を作り出すことで、リラックス効果や集中力をアップさせたりという効果があるのが、マインドフルネス瞑想です。

マインドフルネス瞑想は「心を落ち着かせる一種のリラックス法」。

後の章で詳しくお話ししますが、自宅でも簡単に行うことができるんです。

ですが、専門のプログラムを行なっているスタジオなども数多くあり、

「もっとじっくり体験してみたい!」

という方はプログラムに参加してみるのもおすすめです!

YouTubeなど、オンラインでプログラムを行なっているものもありますよ!

ぱとら
自分に合った方法で挑戦してみよう!

マインドフルネス瞑想ってどんな効果があるの?

マインドフルネス瞑想は、GoogleやAppleといった大企業でも積極的に取り入れられています。

なぜ取り入れられているかというと、

  1. 業務に対して集中力がアップする
  2. リラックス効果
  3. 気持ちのコントロールがしやすくなり、職場の人間関係も円滑になる

といった効果があるからです!

例えば職場での場合。ざわざわした人の声や電話の音、次にしないといけない仕事などに気を取られてしまって、目の前の仕事に集中できないことがありませんか?

こんなことがあっても、マインドフルネス瞑想を行なっていると、「今、目の前の仕事に集中する」ことができます。

ぱとら
余計なことに気を取られる時間が少なくなるんだね!

またマインドフルネス瞑想は、うつ病や過食症といった精神疾患の治療にも使われています。

マインドフルネス瞑想はリラックス以外にも、ストレスを軽減させる効果が認められており、

精神的な苦痛を和らげる力や、

ネガティブな感情をコントロールすることができ、「悩みごとを自分で対処できる!」という自信をつけてくれます。

また、自分の障害や疾患を受け入れる心の余裕、ゆとり、のようなものがうまれるとされています。

ぱとら
自分に自信を持ってストレス無く生きていきたい人におすすめ!

マインドフルネス瞑想のやり方を3つ紹介!

マインドフルネス瞑想には、いくつかの方法がありますが、気軽にできる3つをご紹介したいと思います!

基本のマインドフルネス瞑想

  1. 背筋を伸ばして座り、まっすぐに姿勢を整えます。
  2. 深呼吸を1〜2回行い、心を落ち着けます。
  3. 軽く目を瞑ります。
  4. 鼻から息を吸い、口から吐くように呼吸のリズムを整えていきます。
  5. お腹が膨らんだりへこんだり、という呼吸の動きを静かに感じましょう。
  6. 「今、という瞬間」に意識を向けることが大切ですが、雑念が湧くこともあると思います。雑念を受けとめ、再びゆっくりと呼吸に集中していきましょう。
  7. 5〜20分程度経ったら、目をゆっくりと開け、意識を少しずつ戻しましょう。
ぱとら
ヒーリング音楽を聴きながら行うのを良いかも!

ウォーキングメディテーション

その名の通り、歩きながら行う瞑想です。

  1. 身体の動きを感じながら、自分の呼吸や足に感じる感触などを意識しましょう。
  2. 足を踏み出すときは、「右、左、右、左…」と心の中で感じるようにしましょう。

瞑想を歩きながら行うことができると、日々瞑想を継続して行うことができます!

ぱとら
瞑想を継続して続けられると嬉しいよね!

イーティングメディテーション

こちらは食べながら行う瞑想です。

食事のみに集中することがポイントなので、会話やテレビなどは控えた状態で行いましょう。

  1. 食事を目でしっかりと確かめます。
  2. 目の前にご飯を置きましょう。
  3. 食材をすぐに取らず、献立をしっかりと目で見て観察してみましょう。
  4. 食材の色合い、鮮やかさなどを目でじっくり確認し、楽しみましょう。
  5. 口の中で食感を楽しむことを意識しながら、口の中に食材を運びましょう。
  6. ご飯のつぶつぶした感触、おかず一つ一つ異なる食感をじっくり感じながら、ゆっくりと味わいましょう。
ぱとら
一食30分〜が時間の目安だよ!

マインドフルネス瞑想を行うときのポイント

マインドフルネス瞑想を行うときは、

  • 明るすぎず暗すぎず、そして自分自身が落ち着け得る場所で行いましょう。

また、基本は背筋を伸ばして座った体勢ですが、

  • 横になったり椅子に腰掛けても大丈夫です!

自分が一番楽だと感じる体勢で行いましょう。

もう一つ大切なのが、

  • 継続して瞑想を行うこと

です。

1日5分でも構わないので、瞑想する時間を作り、毎日取り組むことが大事です。

しかし瞑想が習慣になると、「今日は瞑想ができなかった…」と自分を責めてしまう人もいるのだとか。

できない日もあって当然です!自分自身のペースで、意識的に取り組むようにしてみましょう。

また、続けられるか不安な人にお勧めしたいのが

『1分間瞑想法』

という本です。なんと1分で瞑想ができちゃいます!これなら続けるのが苦手な人でも取り組みやすいのではないでしょうか?

ぱとら
自分のペースで継続することが大事なんだね!

まとめ

マインドフルネス瞑想について知ることができましたか?思っていたより簡単で、また日常の中で気軽に試すことができる瞑想だということが分かっていただけたと思います。

毎日の中で、ほんの少しの時間を瞑想に当てて、リラックスしてみてください。きっと思っている以上に気持ちが落ち着いてスッキリとした日々を送ることができますよ!

朝動き出す前や、寝る前、仕事の息抜きの瞑想。この時間が、あなたにとって癒しの時間となりますように!

  • この記事を書いた人

 ぱとら

当サイトの案内人、ぱとらです。

-占い・スピリチュアル