未分類

先生が好きな生徒にとる態度!これって脈あり?10のサインを紹介します!

  • 好きな先生に好かれているかどうか知りたい!
  • 生徒として?それとも異性として気に入られているのかが気になる!

学校生活を送る上で、「先生」というのはとても身近な存在ですよね。

中には、好きな先生がいてこのように悩まれている人もいるかと思います。

先生と生徒という関係上、恋愛関係に発展することは難しいですが、あなたに好意を抱いている限り、交際をする上で障害となるその先生と生徒という関係がなくなったら付き合える可能性も高いかもしれません。

そこで今回は、先生が好きな生徒にとる態度についてまとめていきたいと思います。

この記事を読めば、先生からの脈ありサインを知ることができ、より学校生活が楽しくなるでしょう。

先生が好きな生徒にとる態度!脈ありサインを10個紹介

先生と生徒では恋愛関係になることが原則禁止されているということはご存知でしょうか?

18歳以下の子どもは、各種法律や条例により、性的な被害に巻き込まれないように守られています。

例え18歳以上だとしても、モラル的な観点から「先生と生徒の恋」は良く思われることがありません。

しかし、先生も人間ですので、必ずしも定められた通りに生きられるわけではありません。

人を好きになる権利は誰にでもありますので、同僚に恋をするのと同じように、生徒のことを好きになってしまうこともあります。

恋愛感情ではなくても、好きな生徒と苦手な生徒がいてもおかしくありません。

全ての生徒に対して平等でなければいけませんが、お気に入りの生徒に対して、どうしても構いたくなってしまうこともあるでしょう。

他の生徒や先生にバレるわけにはいかないので、あまり分かりやすく表情や仕草に表すことはないかもしれませんが、注意して触れ合ってみると気が付くサインが必ずあるはずです。

先生が好きな生徒にとる態度として、よく挙げられる行動は次の10個です。

「当てはまってるかも」と感じた人、実はあなたに対して恋愛感情を抱いているのかもしれません。

脈ありサイン

  • 授業中に当てられる確率が高い
  • 名前やあだ名で呼ばれる
  • 頼み事をされる機会が多い
  • ボディタッチが多い
  • プライベートに関する会話を頻繁にする
  • 自分に関する話や出来事についてよく覚えてくれている
  • 話す時間が長い
  • 目が合うことが多い
  • 褒められることが多い
  • 連絡先を教えてくれる

①授業中に当てられる確率が高い

授業中に、先生から指名されることが多ければ、先生があなたのことを気にしている可能性があります。

先生は、授業中は公平を期すため当てる回数や方法はできるだけ偏りが出ないようにしています。

先生によっては席順・出席番号順・・・など、順番に当てる人もいるでしょう。

ランダムで当てる先生の場合、

  • 答えを知っている
  • 理解しているか確認したい
  • 発言力がある

などを基準として生徒を当てることが多いです。

しかし、上記の理由以外でも何となく当てる回数が多くなってしまうパターンもあるのです。

それは、「気になっているから構ってしまう」というパターンです。

好きな人がいる場合、誰しもその人に対しては、無意識に接点を持ちたいと思ってしまうものです。

そのため、いくら「公平に」と考えていたとしても、回数に偏りが生じてしまいます。

  • 授業を聞いてほしい
  • 接点が欲しい
  • 成績を上げてあげたい

などの気持ちが他の生徒より強くなってしまうのです。

そのため、授業中によく当てられる場合は、先生があなたのことを気になっているサインかもしれません。

②名前やあだ名で呼ばれる

名前やあだ名で呼ばれる場合、先生のあなたに対する好感度が非常に高いと考えられます。

学校の先生が生徒を呼ぶ場合、名字に「さん」「君」をつけて呼ぶことが多いかと思います。

名字で呼ばれるよりも、名前で呼ばれた方が近い存在のような気がしませんか?

それは、呼ぶ側にも当てはまります。

嫌いな人や苦手な人に対して名前やあだ名を使うことはありませんよね。

そのため、そのような呼び方をされるということは、少なくとも可愛がられている証拠です。

自信を持って積極的に関わると良いでしょう。

しかし、全ての生徒との距離を縮めたいというようなフレンドリーな先生の場合もあるので判断するときは注意してください。

③頼み事をされる機会が多い

他の人と比べて、頼みごとをされる機会が多いと感じたことはありませんか?

それは、先生があなたの事を頼りにしている証拠です。

また、他の生徒ではなくあなたに話しかけることで接点も増えます。

学級委員でも係でもないのに、なぜか先生から頼みごとをされる機会が多いという場合、先生があなたのことを意識している可能性があるかもしれません。

ここに挙げている他のサインが無ければ、単に責任感があって「頼りやすい人」と思われているだけの可能性もあります。

④ボディタッチが多い

ボディタッチが多いとき、あなたに関心を持っている可能性が高いです。

ここでのボディタッチとは、先生が生徒に対して許されるラインのボディタッチです。

  • 頑張ったときの「頭ポンポン」
  • 呼びかけられるときの「肩トントン」
  • 励まされるときの「背中ポンポン」

など、動作を伴いながら声をかけてくれるときは、「触れたい」「少しでも近づきたい」と思っているからかもしれません。

先生が生徒に対して大げさなアピールをすることはできませんので、さりげないボディタッチが先生なりの精いっぱいのアピールなのかもしれません。

⑤プライベートに関する会話を頻繁にする

先生がプライベートに関する会話を頻繁にしてくるということは、「自分のことを知ってほしい」「関心を持ってほしい」と思っているからでしょう。

ただし、多くの生徒の前でプライベートの話をする場合を除きます。

あくまでも二人もしくは少人数のときに話す場合に限ります。

⑥自分に関する話や出来事についてよく覚えてくれている

先生が、自分に関する話や出来事についてよく覚えていてくれるという経験はありませんか?

それはあなたのことが気になっているからかもしれません。

もちろん、全ての生徒のことを知ろうとしている可能性もあります。

しかし、「他の生徒のことはそれほど覚えていないのに、私だけ?」と感じることがあれば、それは脈ありの証拠です。

誰だって好きな人のことには興味があるし、その人の事について知ることを嬉しいと感じます。

また、その人に関することはどんな些細なことでも覚えていたいと思うことはありませんか?

共通の話題を持っていることで、会話に繋がりやすく、コミュニケーションも取りやすくなるというメリットもあります。

⑦話す時間が長い

一度会話を始めると、他の用事がない限り会話が続くという経験はありませんか?

好きな人とは少しでも同じ空間に居たいと感じるものです。

そのためには会話というのはとても有効な手段ですよね。

コミュニケーションツールとして最適な上に、お互いの情報を共有することもできます。

  • 好きな相手のことは少しでも知りたい
  • 自分のことを知ってもらいたい
  • もう少し一緒に居たい

そんな気持ちが会話を長くさせているのです。

⑧目が合うことが多い

先生とよく目が合うということはありませんか?

好きな相手に対しては自然と目線が向いてしまうものです。

授業中や廊下などで目が合う機会が多ければ、好意を持っている可能性は高いです。

目が合ったとき、にっこり微笑んでみると先生の反応が見られるかもしれません。

可能な状況であれば目が合ったときに手を振ってみるのも良いでしょう。

きっと喜んでもらえるはずです。

⑨褒められることが多い

性格や容姿など、特別なことが無い場合にもよく褒めてくれるということはないでしょうか?

先生は長所を探すのが上手です。

毎日いろいろな生徒の良いところを見つけています。

しかし、同じ生徒に対して何度も長所を見つけるのはなかなか難しいのです。

よく褒められるということはあなたのことをよく見ているということですよね。

それだけあなたに関心があるということなのです。

他の生徒よりも褒められる回数が多い、何もないときに褒められるなど、少し自分のことを特別に扱ってくれてると感じる場合は、先生があなたに好意を持っている証拠でしょう。

⑩連絡先を教えてくれる

特別な理由がない限り、トラブルを避けるためにも生徒個人とのやりとりは控えている学校・先生が多いはずです。

プライベートと仕事は割り切りたいと思う先生も少なくはありません。

そんな中で、連絡先を教えてくれるということは、あなたのことを特別に感じているからではないでしょうか。

よほどのことがない限り、困りごとなどは学校で相談をすればいいし、万が一休みの日に先生と連絡を取る必要ができた場合は学校に連絡を入れるのが普通です。

「困ったことがあれば連絡して」「いつでも頼っていいよ」と親身になって相談に乗ってくれる場合は、あなたのことを気にかけている証拠です。

そっけなく感じても嫌われているわけではない

先生の態度がそっけないと感じたことはありますか?

  • 嫌われている
  • 意識している

前者の場合、全ての生徒を平等に扱うべき先生という立場にある者として、あってはならないことでしょう。

そのため、まずこの可能性は低いということをお伝えしておきます。

もちろん人間ですから、苦手な生徒もいるかもしれません。

しかし、苦手だからという理由で避けることは先生としてあってはならないことです。

他のサインにも注意して、万が一嫌われている可能性があって避けられているようならば、その程度の人だと捉えましょう。

あなたのことを真剣に考えてくれる異性は他にいるはずです。

後者の場合、二人きりになるとどうしても意識してしまうかもしれないという考えが働き、あえてそっけない対応をすることがあります。

また、あまり気にかけすぎると、噂が広まったり、えこひいきと思われたりして、今後の学校生活に支障がでてしまう可能性もあります。

そのため、生徒からぐいぐいアピールをされるときはいつもよりも態度がそっけなくなってしまうのでしょう。

先生のことが気になるなら知っておかなければならないこと

  • 先生は生徒に対して恋愛感情を抱いてはいけない
  • 全ての生徒に対して平等でなければならない

先生という立場上、このような決まりがあるということを知っておきましょう。

そのため、もしも先生が自分のことを意識していると感じた場合も、今の関係以上を望んではいけません。

また、今回紹介したサインがあるからと言って100%確実に「あなたのことが好き」だとは言い切れません。

しかし、いくらすべての生徒を公平に扱わなければならないといっても、あまりよく思っていない生徒に対して上記のような行動をとることはないでしょう。

少なくとも生徒として好きという気持ちはあるはずです。

もしかしたらそれ以上の気持ちを抱いているのかもしれません。

もしも自分もその先生が好きなら、卒業後にアプローチをしよう

先生からの脈ありサインがほぼ確実で、自分も先生のことが好きなときは恋人同士になるチャンスです。

ここで大切なのは、「卒業後にアプローチをすること」です。

先生と生徒の関係にある以上、先生からは決定的なアプローチはまずないでしょう。

それは、今の状況を変えたくないからです。

先生と生徒が恋愛関係になれないことは前述の通りで、万が一そのような関係になってしまった場合、非常にリスキーであるということはお分かりかと思います。

そのため、先生はいくらあなたの事が好きでも現状を維持しようと考えるはずです。

それが自分、学校、他の生徒、何よりもあなたを守ることに繋がるからです。

その努力をあなたから無駄にしてはいけません。

在学中の猛アピールは控えましょう。

ただし、先生が自分に対して好意があるということが確定している場合は、自分もそうだということを感じ取らせるくらいのアピールはしても良いでしょう。

あくまでも先生や周りに迷惑をかけない程度にということを念頭に置いてください。

本格的なアプローチは卒業後、もしくは卒業式の日に行いましょう。

アプローチの例

  • 先生に告白する
  • 連絡先を交換する
  • 卒業後に先生に会いに行く
  • 会う約束をする など

卒業してしまえば、先生と生徒という縛りはなくなり、恋愛は個人の自由に託されます。

先生があなたのことを好きならきっとすぐに恋愛関係に発展することができるでしょう。

卒業するまでが長いと感じる人もいるかもしれませんが、在学中は我慢をすれば、その分祝福も大きいでしょう。

なんとなくお互いが惹かれあっている交際前の状態も意外と楽しいものです。

今だけの状態を楽しんで、勉強へのモチベーションにつなげてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「先生が好きな生徒にとる態度」についてまとめました。

今回の記事で紹介した脈ありサインの前提となるポイントは次の3つです。

ポイント

  • 先生の生徒に対する好意は公にはできない
  • 好きな生徒には少しでも接点を持ちたいと思っている
  • 卒業後、関係が進展する可能性は高い

先生とは言えど、人間です。

毎日関わることとなる生徒のことを好きになってしまうこともあります。

さりげないサインを通して少しでも接点を持ちたいと考えることもあるでしょう。

ここで紹介したサインが見られたら、他の先生よりも仲良くしたいという気持ちの表れでもあります。

もし、自分の好きな先生が自分に対してどういう感情を持っているのか知りたいというときはこの記事の内容を参考にして、楽しい学校生活を送ってください。

  • この記事を書いた人

 ぱとら

当サイトの案内人、ぱとらです。

-未分類

無料相談|最大5,000円OFF!
電話占いヴェルニ|恋愛・復縁・仕事・相性、当たる電話占い
詳細はこちら
電話占いヴェルニ|恋愛・復縁・仕事・相性
詳細はこちら