グルメ

らぁ麺飯田商店の弟子が初の独立!Ramen FeeLってどんなお店?

らぁ麵飯田商店といえば、鶏を贅沢に使った淡麗清湯ラーメンや昆布水つけ麺が有名な、神奈川県湯河原市にある行列の絶えない人気ラーメン店です。

TRYラーメン大賞を4年連続で受賞し殿堂入りを果たしていたり、TBS系列の情熱大陸や日本テレビ系列アナザースカイⅡ等メディアにも多数出演しています。

そんな飯田商店より、2021年2月28日に一番弟子の方が満を持して独立、ラーメン店をオープンしました!

日本一のラーメン店と言われる看板と期待を背負っての独立ということで、今一番注目されているお店です。

2021年最も注目と話題を集めている、Ramen FeeLの最新情報や整理券ルール、店舗の様子等をまとめてみました!

Ramen FeeL 基本情報

住所東京都青梅市梅郷4丁目695-1
最寄り駅JR青梅線 日向和田駅 徒歩15分
営業時間11:00~16:00
定休日水曜(月2回程度連休あり)
座席数カウンター5席、テーブル3席
駐車場あり(店頭2台、店舗隣に10台ほど)バイク、自転車の駐輪スペースもあります。

飯田商店の弟子が新店オープンと話題沸騰

らぁ麵飯田商店から一番弟子が独立店をオープンさせる、しかも初めての独立店であると言うことで、2021年話題の新店として全国のラーメンファンから大注目されていました。

そんな話題のRamen FeeLは東京都青梅市にあります。

都内とはいえ、電車だと新宿から1時間半ほどの場所。

正直、交通の便はけして良いとは言えない場所にあります。

それでもオープン初日には朝7時の整理券を待つ徹夜組もいたとのことで、現在まで連日完売となっているようです。

また先日はオープンして間もないにもかかわらず、日本テレビ系列のおしゃれイズムでも取り上げられていました。

オープン前から話題、メディアにも出演ともなると、今後も混雑が予想されそうです。

せっかく行っても、混雑していてラーメンを食べることが出来るのだろうかと不安になりますよね。

4月末現在、Ramen FeeLでは独自の整理券ルールがありますので紹介します。

【FFP】混雑回避のファストパス制

2021年4月現在、1日の提供数を90杯としており混雑を避けるため、FeeLファストパス、通称FFSと呼ばれる当日の整理券配布を行っています。

ファストパスは、7時・8時・9時・10時に店頭にて配布。

1人最大5人分、1人当たり2杯までということで最大10杯までの予約が可能です。

30分に9杯づつの提供ということで、集合時間として30分毎に区切られており、ファストパスをもらう際に空いてる集合時間を選び予約をします。

そして選んだ集合時間にお店に戻り待機する、という流れになります。

外にはファストパス待機用の椅子が用意されていますので、順番が来るまでそちらで待ちましょう。

自分で希望の時間を指定出来るのは良いですね!

また、時間で提供件数が決まっているので店内が混雑することなく落ち着いて食べられます。

そういえば飯田商店も現在は事前予約制ですが、以前は朝早くから整理券待ちの行列を作るお店でした。

なので前日から前乗りをして旅行がてら飯田商店を食べに来るといった人も多いようでした。

Ramen FeeLのある青梅市も、自然がいっぱいで温泉もありますし、店頭には近隣のガイドマップの用意もあるので、せっかくなので青梅を楽しむのも良いかもしれません。

実際に遠方からきている方は自分の予約した時間が来るまでは、観光したり温泉に入ったり、他のラーメン店を梯子したり各々楽しんでるようですよ。

予約状況の確認は、TwitterやInstagramで確認する事が出来ます。

Twitter
Instagram

Instagramは、ストーリーズにて当日の最新の予約状況が確認できます。

どちらにする?2種類のラーメン

メニューは現在のところ飯田商店の淡麗清湯ラーメンを彷彿とさせる醤油と塩の2種類のラーメンになります。

こだわりの素材を使用し、飯田イズムを継承した至極のラーメン。

器までこだわり、見た目も美しいラーメンです。どちらも食べたいですね!

醤油

醤油らぁ麺・・・1,100円

基本トッピングは春菊、三つ葉、メンマ、チャーシュー。

チャーシューは3種類、鴨肉・焼豚・煮豚が入っています。

麺は柔らかい細めのストレート麺、きりっとした醤油によく合います。

わんたん入り醤油らぁ麺・・・1,350円

基本のトッピングにジューシーな肉ワンタンが2個追加されます。

塩らぁ麵・・・1,100円

基本トッピングは青ネギ、白髪ネギ、カブ、豚ロースに鴨肉。

醤油よりも少し厚みのあるもっちりとした平たい中細麵が鶏の深い旨味と絡み、絶妙なバランスの美味しさです。

わんたん入り塩らぁ麵・・・1,400円

基本のトッピングにぷりぷりのエビワンタンが2個追加されます。

サイドメニューも気になるところ・・・

トッピング

醤油らぁ麵にエビワンタンが、塩らぁ麵に肉ワンタンが欲しい・・・そんな時はこちら!

肉ワンタン2個・・・250円

エビワンタン2個・・・300円

サイドメニュー

ラーメンだけでは物足りない・・・そんな時はこちら!

焼売飲茶セット(焼売2個、お茶1杯)・・・400円

日替わりおにぎり・・・150円~300円

店主・渡邊大介氏

店主、渡邊大介氏は4年4か月飯田商店で修業をし独立を果たしました。

2020年3月に飯田商店を卒業し、1年間素材の勉強をしたり、他の飲食店に学びに行ったりと着々と開店の準備を進めていたようです。

Ramen FeeLはご夫婦で経営しているらしく、厨房で黙々と丁寧にラーメンを作る職人な店主と、奥様の明るく親しみやすく丁寧な接客が印象的でした。

新人スタッフさんも入り、今後もますます盛り上がっていくことでしょう!

屋号に込められた想い

FeeLには、感じる、思う、想う。 という意味があります。 一杯のらぁ麺を通じて、生産者様、職人様の想いを感じ、先人らぁ麺職人の道筋を感じ、それを想う。それらをお客様にらぁ麺を通して感じていただける様ならぁ麺を作る。 その様な想いが入っている屋号です 。

出典:twitter Ramen FeeL @RamenFeeL

提供直前に温めたレンゲをセットしたり、2杯注文のお客様には都度橋やレンゲを変えるなど 一つ一つのおもてなしの精神が素晴らしいと感じます。

店内は広々としていて、テーブル席やチャイルドシートの用意もあるので、ファミリーでも来店しやすいお店です。

また、提供時やお帰りの際一人一人のお客様に声をかけていたりと、地域に根付いた暖かいお店になっていくような予感がします。

屋号の通り美味しいラーメンと気持ちのいい接客を体感出来る空間、それが『Ramen FeeL』なのです。

Ramen FeeL まとめ

飯田商店の独立店ということで、オープン以来多くのお客様が来店されています。

飯田商店の味やおもてなしの精神を継承しつつ、これからも進化を重ねていくことでしょう。

お値段は少し高いと感じるかもしれませんが、それだけこだわりを持ってラーメンを作っていると感じます。

お値段以上の美味しさを楽しめる一杯が食べられますので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

 ぱとら

当サイトの案内人、ぱとらです。

-グルメ