占い・スピリチュアル

前世の記憶がある人は日本にいるのか?その疑問にお答えします!

テレビなどで時々、「前世の記憶を持つ人」って出てきますよね。

私も何度かテレビで実際に見た事があり(多くは外国の方でしたが)、その度に「ほんまかいな?」と疑問に思っていました。

前世の概念自体がまず曖昧ですし、私と同じように信じられない方も多いはずです。(「前世」は、この世に生まれ出る以前の世、過去世。を意味します。)

しかし、実は私たちが住んでいる島国・日本でも、実例は少なからず存在するようなのです!(私自身、調べて驚きました!)

そこで、今回は「日本で前世の記憶を持つ人」を詳しく調べてみました!

前世の記憶を持つ日本人の実例1

1例目は3歳から前世の記憶を語り始めた7歳の男の子の例です。

この男の子が「前世の記憶がある」と世に知れたきっかけは、男の子の母親のツイートでした。

3歳頃から前世の記憶を語り始め、「前世の母親に会いたい」と話していた男の子。

その様子を見ていたお母さんが、悩んだ末に、

「7歳になる息子が前世の記憶があり、「お母さんに会いたい」と言いているから探したい」と2020年2月頃にtwitter上で情報提供を呼びかけた事がきっかけです。(現在、該当アカウントは削除されています。)

以下、その時のツイートの内容です。

★前世のお母さんを探しています★  

3歳より前世の記憶を語り始め、現在7歳になる息子が 「前のお母さんに会いたい」 と言っています。 お母さんが今も悲しみの中にいるかもしれず、ご存命のうちに会わせてあげたいと思っています。

前世を信じていらっしゃらない方、こういった呼びかけ・ご依頼を不愉快に感じられる方もいらっしゃるかと存じます。そのような方々にはあらかじめお詫び申し上げます。また、その場合はどうぞ本件はスルーしていただきますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。

本件に関し、お心当たりのある方、何かご存知で情報提供等ご協力いただける方は、お手数ですが以下のメールアドレスより是非ともよろしくお願い申し上げます。

息子が前世で亡くなったのは1990年代、との、記憶からの推定です。 バイクの種類や、ファミコン(初代)やってたとの息子の証言があります。

現在40代中盤〜後半位の方で高校時代にバイク事故で亡くなったクラスメイトなど心当たりのある方はいらっしゃいませんか?  イラストは前世で起きた事故現場の様子(90年代くらい) 道路の左側は川、青い部分は盲人用の音響装置つき信号機  この場所に見覚えのある方がいれば情報提供をお願いします

息子が発した言葉から情報を絞り、これまでにわかっていることは、以下の通り。

●17歳の男子高校生のとき、バイク事故で死亡。

●バイクで走行中、右から来た車と衝突した。過失は車にあり。

●右足が開放骨折で裂け、救急車で大病院に運ばれ、手術は成功したものの、感染症により病院で死亡した。

●事故は通学途中ではなく、休日に買い物に行った時に起きた。

●バイクは赤色で、ヤマハのJOGやホンダのライブDIOに近い。

●バイクは、母親から「もうこの年齢なら乗れるしバイク買ったら?」と勧められて買ったもの。

●場所は日本で通学にバイクが必要な地域。

●死亡したのはおそらく90年代あたりで、生きていたら現在40代中盤から後半くらいと思われる(バイクやファミコンから考えて、1970~1978年生まれの可能性あり)

●鹿児島県鹿児島市石谷町である可能性がある。(これは本人ではなく、見える系の人に見てもらった情報なので、確証はありません)

●一人息子だった。

●お母さんのことは「母さん」と呼んでいた。

●お母さんは専業主婦で、髪が長く、声が可愛い人。

●お父さんは医療関係者で、薬剤師など医者看護師以外のコメディカルで、中規模病院で働いていた。

●ゲームはファミコン世代で、初代スーパーマリオで遊んでいた。

息子に関する不思議な話は、月刊『ムー』3月号(2020年2月9日発売号)でも詳しく記事にしています。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

https://togetter.com/li/1467002

そして、このツイートはtwitter上で30,000件以上のリツイートがあり、最終的には2020年11月にTBSの情報バラエティー番組「爆報フライデー」にて取り上げられました。

テレビ局が総力を上げて、7歳の男の子の証言を基に大捜索を行なった結果、なんと該当する方を発見!

男の子の願いを叶えるべく、亡くなった男性の母親に連絡を取りましたが、「そっとしておいて欲しい」とのことで面会は叶わなかったのだとか。

前世の記憶を持つ日本人の実例2

2例目は関西地方に住む男の子で、C大学教授のO氏が実際に調査する中で出会った事例です。

3歳の頃に突然「ニンニクを剥きたい」と言い出し、驚いたお母さんが理由を尋ねると、

「トモ君って呼ばれる前にしたことがある。その時は、イギリスのお料理屋さんの子供だった。1988年8月9日に生まれてゲイリースって呼ばれてた」と話し始めた。

その後、普段は右利きなのに突然左手を使って器用にニンニクの皮を剥いたとのこと。

父親は最初、単なる子供の空想だと思っていたそうですが、それでは説明できない具体的な話もあったそう。男の子が4歳の時、列車事故のニュースを見てこう話した。

「イギリスのサウスオールでも列車事故があったよ。テレビで「事故です。事故です。」と言っていて、人が死んでしまった」

父親が調べると、確かに1997年9月にロンドン西方のサウスオールで、7人が死亡して多数の重軽症を負った列車事故があった。男の子が生まれる2年以上前の事故だった。

「トモ君は他にも、生まれる前のカーペンターズのヒット曲『トップ・オブ・ザ・ワールド』を口ずさんだり、2歳の時には、平仮名より先にアルファベットを覚えて、自分の名前をtomoと綴ったそうです。『数字が好き』だと言い、教えてもいないのにすらすらと二乗の計算もできた。

 研究では、トモ君のように、“知らないはずのことを語り、できないはずのことができる”など、生まれ変わりと思われる事例の収集に際して、厳格な要件を定めています。トモ君の場合、母親が彼の発言を克明に記録していました。トモ君の記憶は非常に具体的で、信憑性が高いように思われました」

https://www.news-postseven.com/archives/20190106_836707.html/2

しかし、その後7歳を過ぎると、「前世の記憶」はすっかり忘れてしまったとのこと。

そもそもなぜ前世の記憶を持つ人がいるの?

2つの例を紹介しましたが、そもそも、なぜ前世の記憶を持つ人がいるのでしょうか?

実は世界中で調査は行われているのですが、その謎は解明されていません。

しかし、世界中の調査を通じて共通する事が5つあります。

  1. 幼少期に前世の記憶を語り始め、8歳頃に忘れてしまう事が多い。「
    前世を語る人」の多くは2〜5歳であり、8歳頃まで続いた後、急に忘れてしまうことが多い。
    語る内容は、前世で死亡した時の様子、前世での仕事や人間関係などです。
  2. 前世で非業の死を遂げていることが多い。
    「前世を語る人」の多くは、事故死や殺害であることが多いと研究結果で出ているのです。
  3. 生まれ変わりを予言されている。
  4. 生まれ変わりする子供を妊娠した女性がお告げの夢を見る。
  5. 生まれてきた子供に先天的な母斑や身体欠損があり、それが「前世の人物」の死亡時の身体的特徴と酷似している。

☆「前世の記憶がある人」の研究内容を詳しく知りたい方はこちらへ

まとめ

いかがでしたか?

日本でも、「前世の記憶がある人」がいることにびっくりですよね。

私自身、調べながら、「私の前世は何だろう?」と想像してしまいました(笑)

未だに多くの謎がある、「前世の記憶がある人たち」。

科学が発達した現代社会にも、まだまだ解明されていない謎が多いのかも知れませんね。

  • この記事を書いた人

 ぱとら

当サイトの案内人、ぱとらです。

-占い・スピリチュアル