未分類

占いが高い理由を考えよう!ためになる実体験と動画付きで解説!

対面占いでも、電話占いでも、どうして鑑定料って高いんだろう?

占いをしようと思った時、鑑定料金が高いな、と感じることはよくあります。

私も500円~15,000円の占いをしてもらったことがありますが、鑑定料金はピンキリですよね。

そこで、この記事では、占いの料金が高い理由を解説します。

この記事を読めば、「なぜ占いの鑑定料金は高いのか?」を理解することができます!

占いが高い理由①:収入が不安定

結論、占いの料金が高い理由は「稼げるときに稼ぐ」が基本だからです。

多くの占い師の収入は、歩合制や完全出来高制の場合が多いです。

そのため、会社員のお給料のように、安定した収入を得ることが難しい、ということが背景としてあります。

また、占い師=個人事業主、と考えるとわかりやすいかもしれませんね。

占い師だけに限らず、個人で商売をする場合には、生活費の他にも特別な税金や経費を支払う必要があります。

そういった諸々の経費や費用を支払いながら、生活をしていくため、占いの料金は比較的高めに設定されていることが多いのです。

では、具体的に、占い師が支払うべき内容を、見ていきましょう。

占い師と会社員の出費の違いは?

代表的な違いの1つは税金です。

占い師として個人事業主になった場合、一定額(290万円)以上の所得がある場合には、個人事業税を支払う必要があります。

もし売上が、ギリギリ290万円くらいだった場合には、大きな負担であることには間違いありません。

個人事業税とは、都道府県に納める税であり、個人事業のうち、地方税法等で定められた事業(法定業種)に対してかかる税金です。現在、法定業種は70の業種があり、ほとんどの事業が該当します。法定業種に該当する場合でも、「事業主控除」が290万円あるので所得290万円以下であれば個人事業税は発生しません。

個人事業税額 = (事業収入-必要経費-事業主控除額290万円) × 法定業種税率

フリーランスとして働く方の業種はほとんどの個人事業税は税率5%ですが、念のため「法定業種と税率」を確認しておくようにしましょう。

引用元:スモビバ
ぱとら
個人事業税は、収入が290万円以上の場合に支払う必要があるよ。

他にはどんな費用が必要なの?

他にも、占い師として、このような費用が必要になってきます。

  • 対面での占いなら場所や移動費
  • オンラインなら通信費や通信機器
  • 広告費や宣伝費
  • 認知度や集客度を上げるためのノウハウを学ぶための自己投資

あと、占い師として収入が安定するまでの生活費も必要になりますね。

占いの館のような会社に所属をすると、どうなるの?

占いの館のような会社に所属をすると、ある程度、お客さん獲得のお手伝いはしてくれますが、所属料がお給料から差し引かれる場合があります。

これは、お笑い芸人や駆け出しのタレントやアイドルにも、あるあるなこと。

よくテレビで、芸人が、駆け出しのことは月収が3000円だった!と言っているのを聞いたことはありませんか。

事務所などに所属することで、活動しやすい環境になるなど、メリットもあります。

でもその一方で、収入が減るというデメリットもあります。

占い師の場合にも、売れっ子、人気の占い師になるまでは、収入が少なくて大変!というのは想像ができますね。

鑑定料金が丸々占い師に入ってくると仮定すれば、時給換算で約1万円〜2万円の収入になるため、電話占い師の仕事はかなり儲かりそうに思えますよね。

ところが実際に電話占い師に入ってくるお金は、鑑定料金の20%〜30%、多くても約40%~50%にしかなりません。

なぜなら、鑑定料金の大部分は電話占いサイト運営会社が「手数料」という名目で徴収してしまうからです。

引用元:でんわうらない
ぱとら
登録会社に、鑑定料金を徴収されてしまうこともあるんだね!

占いが高い理由②:良質な占いを提供する!という覚悟

料金を高めに設定することで、占い師自身も、良い意味で緊張感を保ち「良質な占いを提供しよう」という覚悟ができます。

その他にも、こんな思いがあります。

  • 料金ではなく、占いの質で勝負をしたいと思っている。お客さんが「安かろう悪かろう」と納得できてしまう料金だと、占いを手抜きしたり、「安いのだから文句を言うな」というよう傲慢さだ出てきてしまう。
  • 「料金に見合った占いだった」という高評価や実績を積んでいきたいと思っている。占いには評判や口コミが大切だから。

ちなみに、現役占い師は、占い料金をこんな基準で決めているようです。

僕はいつも、「今の自分にとってギリギリ高いと感じる価格」という基準でやっています。

あんまり安すぎると、お客様もそこまで本気で向き合えないし、自分自身もどうしたってモチベーションが上がりません。

しかし高く設定しすぎると、そもそもお客様に選んでもらえないかもしれませんし、自分自身にとってもプレッシャーになりすぎるかもしれません。

中川龍のブログ 占い・集客・心理学などを語るブログ
ぱとら
料金を高くすることで、占い師の気持ちも引き締まるんだね

占いが高い理由③占い師とお客さんのモチベーション

占い師とお客さんの関係をWIN-WINにするために、料金を高く設定することは有効な手段でもあります。

では、占い師とお客さん、それぞれの視点で見てみましょう。

占い師側の視点

占い師にとっては、お客さんのご満足度と、売上が大きなモチベーションになります。

とはいえ、安易に料金を低く設定してしまうと、労力と売り上げのバランスが取りづらくなってしまうもの。

例えば、1時間1,000円の占い師が、3万円稼ぐ場合、30人のお客さんと30時間が必要です。

でも1時間1万円の占い師なら、3人お客さんと3時間でOKですよね。

お客さんのご満足度、労力・売上・モチベーションのバランスを保つためにも、料金を高めに設定することもあります。

お客さん側の視点

お客さんも、料金が高ければ高いほど、悩みの「真剣度」も高めになりますよね。

そうすると、悩み解決に対する「本気度」も高まるため、お客さん自身も人生もより良い方向に向かいやすくなります。

お客さんの人生が良い方向に向かう=占い師の喜びです。

そのため、高い料金設定は、実は、お客さんにとっても良いことである場合があります。

この記事のまとめ

この記事では、占いの鑑定料金が高い理由を紹介しました。

占い師と聞くと、なんだか一般人ではないような「特別な感じ」がしますよね。

でも、占い師を、仕事・職業と考えてみると、占いの料金が高く設定されている理由が見えてみます。

占い師も幸せ、お客さんも幸せという関係性を作るためには、鑑定料金を高めに設定することも必要なのかもしれません。

本記事が、あなたの疑問を解決し、お役に立ちますように!

  • この記事を書いた人

YuniSuzuki

-未分類

無料相談|最大5,000円OFF!
電話占いヴェルニ|恋愛・復縁・仕事・相性、当たる電話占い
詳細はこちら
電話占いヴェルニ|恋愛・復縁・仕事・相性
詳細はこちら