インテリア

北欧インテリアの色の選び方ってどうやるの?北欧愛15年越えの主婦が解説

北欧インテリアって色遣いが独特で、見ていて心地よさを感じますよね。

そんな素敵な色遣いの北欧インテリアを自分のお家にも取り入れたいと思っても、どのような色を選べばいいか分からない方は多いのではないでしょうか。

私は15年ほど前から北欧インテリアのファンで、インスタグラムや雑誌でコーディネートをチェックするのが日課です。

インテリアの色についてはこだわりがあり、天然素材の家具などは、店舗で色の個体差をしっかり比較してから購入します。

この記事ではそんな私が北欧インテリアの色の選び方について解説します。

この記事を読めば、北欧インテリアをつくるための色の選び方がわかり、家具やファブリックを選ぶのに迷わなくなりますよ。

北欧インテリアの色の選び方

北欧インテリアの色の選び方は、どの色をどれくらいの比率で組み合わせるかによって決まります。

北欧インテリアで使われることが多い組み合わせは、以下の3つです。

※ベースカラーはホワイト

アソートカラーが

  • ベージュ・グレー
  • 木目
  • ブラック

の組み合わせです。

特に、「ベージュ・グレー」がトレンドを押さえておりオススメです。

組み合わせが分かったところで、どの家具にどの色を合わせるといった選び方は、文字だとイメージが湧きにくいので、具体例を見ながら解説していきます。

補足

一般的に、インテリアのカラーコーディネートでは

  • 最も大きい面積を占める色をベースカラー
  • 次に大きな面積を占める色をアソートカラー
  • 締め色として使う色をアクセントカラー

と表現しますので、この記事でもその表現を用います。

ベージュ・グレー【オススメ】

ホワイトに淡いベージュやグレーを合わせた組み合わせは、柔和であたたかみのあるイメージが作れます。

シンプルで洗練されたフォルムの北欧家具は、無機質なイメージがあるので、あたたかみのある色と組み合わせることで居心地のよいインテリアになります。

ここ数年のトレンドでもあり、オススメの組み合わせです。

ダイニング

引用元 : instagram

グレーの壁紙が濃い目ですが、テーブルや照明など家具に白を多用することで暗くなりすぎず、落ち着いた印象を作っています。

ライトはルイスポールセンの名作ph5ですね。

内側にピンクのパーツがあり、ちょっとしたアクセントになっているのがオシャレです。

引用元 : instagram

淡いベージュの壁紙に囲まれたダイニングですね。

ランプシェードもテーブルの天板もベージュです。

ベージュの中にあるので、シェルチェアや小物のホワイトがほのかな明かりのようにふんわりとして見えますね。

個人的にはこれくらいベージュが多めの組み合わせが好みです。
引用元 : instagram

壁紙とランプがホワイトで、窓からの光に照らされて清々しい印象を受けますね。

テーブルの色と床の木材の色は、実はあまり相性が良くありませんが、テーブルと床の間にテーブルの色に合わせたラグを敷いてうまく調和させています。

リビング

引用元 : instagram

夕暮れ時でしょうか、スタンドライトが優しく部屋を照らしています。

白いソファに濃さと素材の違うベージュのクッションを重ねることで、思わず体を沈めたくなるような心地よい柔らかさを見た目にも表しています。

疲れて帰ってきたときにこのリビングに迎えられたいです…
引用元 : instagram

ソファ、ライト、ラグがベージュです。

クッションやスローもベージュで、それぞれ微妙に色味や素材が違うので、のっぺりとした印象になっていません。

折り紙みたいなライトが気になります。

何でできているんでしょうか…

引用元 : instagram

ベージュのソファが主役のコーディネート。

クッションはもちろんのこと、壁の絵や本の表紙、窓の側の花瓶も似たベージュで合わせてあるところにこだわりを感じます。

こちらにもルイスポールセンのph5がありますね。

笠の外側は黒ですが内側は白なので主張が強すぎずいいですね。

引用元 : instagram

ソファのクッション類がさまざまな素材・色味の異なるベージュやグレーを組み合わせていて、美しいグラデーションになっています。

落ち着いた色合いですが、ソファに敷いたファーと花瓶と絵のパンパスグラスがモフモフしていて、かわいらしさがありますね。
引用元 : instagram

ディスプレイ棚です。

グレーの壁紙にそれぞれの小物が映えますね。

花瓶や本など、置いてるものは様々ですが色を絞ることでまとまった印象になります。

部屋の雰囲気に合わない鮮やかな色合いのものなどは左下の箱に入っているんでしょうか。
引用元 : instagram

家具とファブリックが白で、壁紙がほんのりグレーがかった色の組み合わせです。

壁紙の色はほぼ白ですが、この少しの色味が垢抜けた印象を作ってくれるので侮れません。

壁紙の色選びって難しいんですよね。

私も家づくり中なので、つい壁紙に注目してしまいます。

引用元 : instagram

こちらも白に近い色味を組み合わせたコーディネートですね。

すべて天然素材なのがこの独特のあたたかみのある色合いを出すポイントです。

陶器の持つマットな白って素敵ですね。

小さい子供が家にいなければ取り入れたいアイテムのひとつです。

ベッドルーム

引用元 : instagram

ベッド側の壁紙、ベッドカバーが同系統のグレーで統一され、ベッドの存在感が引き立っています。

寝室の主役であるベッドにのみグレーを使うことで、視線が集まるのを狙ったコーディネートですね。

たまに見かけるこのカゴ状のランプシェード、ついお坊さんを連想してしまいます。
引用元 : instagram

先程とは打って変わってベッドが壁と一体になって溶け込んでいるような色遣いのコーディネートです。

壁紙とベッドの色を似たものにすることで、お部屋が広く見えるよう意図しているのでしょう。

ベッド両脇のライトとラグに引かれた黒いラインがいいアクセントになっていますね。

こちらのお部屋の照明も和紙のような薄い素材で出来ていて、和を感じます。
引用元 : instagram

こちらもベッドと壁、カーテンが似たトーンの白とベージュを組み合わせています。

白とベージュの2色しかないので、より柔らかい印象ですね。
引用元 : instagram

白とベージュにほんの少しだけの黒を合わせて引き締めたコーディネート。

ベージュでもドライフラワーやボーダーの布を混ぜることで、単調になりすぎないよう工夫されています。

朝日が差し込んで気持ちよく起きられそうなお部屋ですね。
引用元 : instagram

ベージュと白がベースの空間にライトやキャンドルを所々にちりばめているのが特徴です。

写真では日中なのでわかりにくいですが、夜は間接照明でまた一味違うムーディなお部屋になるのでしょうね。

よく見たらカーテンレールが無加工の木の枝です。

上から吊るしてるんでしょうか。

引用元 : instagram

淡いグレーの壁紙に白木のオブジェや椅子がよく合いますね。

ラグが白とベージュを織り交ぜた模様にしてるのがポイントですね。

この椅子は寝る前の読書用でしょうか。

読書灯が近くにないので、夜じゃなくて朝活用かもしれませんね。

洗面所

引用元 : instagram

タイルがベージュでその他は白でまとめられています。

鏡に映ることを計算して配置された花瓶やキャンドルに、住人の美意識の高さを感じます。

鏡に映る黒くて丸いワイヤーでできたもの、なんだろうと思ったら、タオルハンガーですね。

タオルハンガーまでオシャレなんて流石です。

木目

白地に木目が映える、明るいいきいきとした印象を持つ色の合わせ方です。

観葉植物のグリーンがよく合うコーディネートでもあります。

補足

厳密に言えば木目というカラーはありませんが、北欧インテリアでは塗装がされていない木の家具や床が多用されるので、この記事では木目という表現を使用します。

ダイニング

引用元 : instagram

壁は白、家具と床は似た色の木材で揃えられています。

部屋の隅に置かれた観葉植物とアート、机の上や窓際の花瓶がシンプルな色合いに華を添えています

ぴん、と真っ直ぐ立ったドライの植物がなんだか誇らしげに見えてかわいいです。
引用元 : instagram

テーブルの明るい木目が主役のコーディネートです。

白のラグを敷いているのがポイントで、これがないとテーブルと床が一体化して寂しい印象になってしまいます。

器やランチョンマットをグレーで統一しているのもこだわりのポイントですね。
引用元 : instagram

キッチンの収納棚です。

真っ白な壁と棚板に、大きさの様々なカッティングボードがバランスよく配置されています。

よく見たら調理器具やお手入れ用のブラシも収納されていて、実用も兼ねているところがいいですね。
引用元 : instagram

部屋の一角でスペースが限られているところにテーブルと椅子が4脚も置かれているのにすっきりとして見えます。

テーブルの天板と椅子のシェルが白で、壁の色も白なので、家具の上半分が壁に溶け込み、天井が高く見えるからですね。

スタンドライトも真っ白で壁に溶け込んでいるのもポイントですね。
引用元 : instagram

床からテーブル、観葉植物、梁とほぼ同じ色の木材が使われており、視線が自然と上に誘導されます

高さをうまく活かしたインテリアですね。

ライトがひょうたんを輪切りにしたような不思議な形をしています。

こういうのもアリなんですね。

引用元 : instagram

こちらも床に近い部分に木材を使ってそれ以外に白を使うことで、すっきりと天井が高く見える例ですね。

高い位置に花瓶やアートを置いたり、高さのある植物を飾ることでさらに縦長のイメージを作っています。

アジサイが一輪あるだけで爽やかな印象になりますね。
引用元 : instagram

カウンターに備え付けのダイニングテーブルが目に飛び込んできますね。

床をあえて木材にせず、グレーのタイルにすることで、よりダイニングテーブルの木目が引き立つようになっています。

このお宅はインテリアだけでなくテーブルコーディネートも素敵ですね。

リビング

引用元 : instagram

大きな窓から見える緑あふれる庭の借景が美しいですね。

お庭よく見えるよう、遮るものを置いていないので開放感があります。

緑あふれたお庭、憧れます。

お手入れのことを考えるとなかなか手を出せませんが…

引用元 : instagram

床とテーブルの天板、木材の面積が多い構成のお部屋ですが、ラグやテレビボード、花瓶を白やベージュにしてバランスをとっています。

同じ角度に傾けたドライの植物が愛らしいですね。
引用元 : instagram

テーブルの天板とラグが白・グレーなのに対してテーブルの足とクッションの色を揃えています。

クッションは木ではありませんが、似た色合いの素材のものを探すことで統一感が出ます。

これは外国のお宅ですが、ローテーブルを日本みたいに座卓として使うことがあるんですね。
引用元 : instagram

床と壁に据え付けた棚の天板が同じ色合いです。

棚があることで視線が上にも行くので、単調さがなくなりオシャレに見えます。

壁の棚に飾られているドライのユーカリは飾るだけで垢抜けてみえるのでオススメです。
引用元 : instagram

ダイニングでも似た構成のものがありましたが、床と家具の足の色、椅子の座面と机の天板の色を揃えることで木目の層、グレーの層を作り出しています

このタイプの家具はよくあるので、真似しやすいコーディネートです。
引用元 : instagram

紙でも合わせる木材の色に近いものを選べば、木と同じ扱いができます。

いつの間にか積み重なっているプリントや重要書類もこれくらい美しく収納したいものです。

ベッドルーム

引用元 : instagram

床と絵の額、サイドテーブルの脚の色を合わせています。

サイドテーブルの脚がブラウンなのは珍しいですが、この例のように存在感をなくして使うことができるんですね。

額の中に絵がありませんね。

取り替え中なのでしょうか?

引用元 : instagram

チェストと絵の額の色を合わせています。

アイテムが多いですが、色合いが揃っているので落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

雑貨屋さんで気に入った絵が複数あって、1つに選べなかった時はこうしたらいいですね。
引用元 : instagram

先程の例と同じお部屋です。

今度は絵を減らしてユーカリが飾られています。

植物は存在感があるので、他に飾るアイテムは少なめにするのがポイントですね。

洗面所

引用元 : instagram

収納用のカゴや箱が、棚の天板木材に合わせた色になっています。

こうすることで、生活感が出がちな洗面所がとてもオシャレにみえますね。

洗濯表示の意味が書かれた一覧表が貼られています。

私はいつもこれなんだっけ?となるので、いいアイディアですね。

引用元 : instagram

壁も洗面台も真っ白でシンプルですね。

飾るものを植物だけにすることで、植物がよりよく映えています。

特に朝顔を洗いに行く時にこんなに植物に囲まれていると目覚めがシャキっとできそう。

ブラック

この組み合わせは黒のアイテムを多く使うことで、大人っぽくてクールなイメージを作ることができます。

無機質なイメージが好きな方にオススメです。

ダイニング

引用元 : instagram

椅子がオールブラック、テーブル、床がグレーなので、全体的に暗めの色が多く、デザインがシンプルな家具なので無機質なイメージですね。

所々に生花を飾ることでクールになりすぎず、バランスが取れています。

バラが飾られていますが、チューリップもよく合いそうです。

見た目が甘くなりがちな花が活きるインテリアです。

引用元 : instagram

白の分量が多い中に、時計・ライト・椅子が浮かび上がるように点々と配置されています。

こちらも植物を配置することで固すぎないイメージに仕上げています。

これだけ色遣いに気を配ったインテリアを作られているので、テーブルコーディネートはどんなのだろう?と気になってしまいました。
引用元 : instagram

壁の絵、スタンドライトに黒が使われていて、壁紙・テーブル・ラグがグレーのグラデーションになっています。

アーティチョーク型のライトがより華やかに見える色の合わせ方ですね。

壁の絵は毛筆、テーブルの枝物は梅に見えますし、和の要素が少しミックスされていますね。
引用元 : instagram

ソファやテーブルなど家具が黒と濃い目のグレーで統一されていますが、壁紙やラグが白なので重くなりすぎていません。

小物に白のものを適度に混ぜているのもポイントです。

鏡に映り込んだダイニングが、まるで月を見上げる人のように見え、絵画のような美しい構図になってますね。
引用元 : instagram

アイランドキッチンの前壁やサッシ、ダイニングテーブルの脚など四角い面になっている黒が並んでいるのが綺麗ですね。

白木で出来たヘリンボーン柄の床のあたたかみとうまくマッチしています。

有名なウェグナーのYチェアが4脚もあるのに主役にならず、あくまで椅子のひとつとして扱われているのがカッコイイですね。

リビング

引用元 : instagram

黒い色の家具が金属製のもので統一されているのがポイントですね。

黒の家具と濃い目のグレーのソファがあり暗い色が多めですが、クッションやライト、花瓶の花など白いアイテムを多数配置しているので華やかな印象です。

こちらも鏡がありますが、外の緑の風景を映しています。

どちらのソファに座っても外の景色が楽しめる工夫がされているなんて素敵ですね。

引用元 : instagram

白い壁に白いオブジェを飾るなど、単調にならない工夫がされているので、白と黒でまとめられていますが寂しいイメージは全くありません。

なんの変哲もない箱も飾られていますが、後々別のものと入れ替えるんでしょうかね。
引用元 : instagram

一つ一つの黒の面積は小さいですが、所々に配置されることでインパクトのある部屋になっています。

こちらのライト、提灯に見えますよね。

別のお宅でも似たデザインを見かけましたし、一部で流行ってるんですね。

引用元 : instagram

こちらも黒いアイテムを効果的に散りばめて配置している例ですね。

起毛のラグやケットなど温かいイメージのものに対する程よいスパイスになっています。

星形のライトもいいアクセントになっていますね。
引用元 : instagram

こちらは散りばめるのではなく、目立たせたい部分(=壁の絵)に視線が向くように黒のアイテムを集めています。

この黒いアイテムは視線を上に誘導し、部屋を広く見せる役割も担っています。
引用元 : instagram

こちらの黒はクッションやラグのストライプに使われていますね。

変則的ですが、ソファとラグでグレーのグラデーションが出来上がっています。

ブラインドの影でもストライプが出来ていて綺麗ですね。
引用元 : instagram

黒のアイテムが、クッション、テーブル、棚、ハンガー、壁の絵の順番にS字の下から上と伸びるラインを作り上げています。

同じ色のアイテムを無造作に配置するのではなく、このようなラインを意識するとお部屋の印象がぐっと引き締まりますよ。

ラグとクッションも黒と白のチェック模様で統一されていますね。

ベッドルーム

引用元 : instagram

真っ白な部屋の中に、箱やクッションの柄など、四角い黒が点々と配置されているのがポイントです。

こちらも真似しやすいコーディネートですね。
引用元 : instagram

黒いクッションとベッドライナーが白いベッドのアクセントになっています。

白と黒だけだとコントラストがつきすぎるので、ベージュのクッションやラグを足すのがポイントです。

クローゼットが黒なのもこだわりですね。

まとめ

北欧インテリアの色の選び方って意外とよくわからないですよね。

北欧インテリアらしい色の組み合わせにはいくつかパターンがあり、代表的なものは以下の3つです。

※ベースカラーはホワイトで、アソートカラーが

  • ベージュ・グレー
  • 木目
  • ブラック

中でもトレンドなのはベージュ・グレーの組み合わせで、オススメです。

どの部分にどの色を持ってくるべきかは、インスタグラムなど実例を見るとわかりやすいです。

インテリアを一から作るのは大変ですが、出来上がればずっとお気に入りのものになるはずです。

この記事がそんなお部屋づくりのお役の立てたら幸いです。

  • この記事を書いた人

 ぱとら

当サイトの案内人、ぱとらです。

-インテリア